Home > 2009年 5月 18日 月曜日
2009.05.18

『横浜港シーカヤック祝賀パレード』のご案内

シーカヤッカーであり海洋ジャーナリストである内田正洋氏からのお知らせです

氏が副会長を務めている 『横浜水辺まちづくり協議会』が中心になって
6月2日に横浜港にて行われる「150年目の開港記念日」というイベントに於いて
シーカヤックによる「横浜港シーカヤック祝賀パレード」を企画しております

150年目ということで150艇のシーカヤックを目標として募集をしております
是非皆さんお誘い合わせの上 ご参加ください!

詳細は下記をご参照ください

===========================
シーカヤック関係各位
『横浜港シーカヤック祝賀パレード』のご案内

本年、5月12日に結成されたばかりの『横浜水辺まちづくり協議会』は、横浜を海の視点から考えて街づくりを行なうことを目的にした協議会です。
特にシーカヤックからの視点で横浜を考えられるよう、横浜港インナーハーバーでのシーカヤック利用を推進することを主眼にするものです。
さらには、地方のシーカヤックフィールドのある行政機関との連携を作り上げ、海洋文化の中心にあるようなイメージの横浜を、リアルな海洋文化都市にするための行動を始めます。
横浜港に関係するすべての関係機関との連携をベースに、横浜を海洋環境教育都市へと変貌させるための柔らかい組織として運営しようとしています。

協議会としての最初の取り組みとして、6月2日「150年目の開港記念日」にシーカヤックによる「横浜港シーカヤック祝賀パレード」を企画しました。
開港150年ということで、できれば150艇ほどのシーカヤックを集めてパレードを行ないたいと考えています。当日は平日のため集まるかどうかは分かりませんが、多くの有志の方々の参加を期待しています。

ということで、関係各位のご協力を切にお願いいたします。これを機に、全国初の都市圏海域でのシーカヤック利用の動きが始められます。日本のシーカヤックシーンに新たな動きが始まります。
もちろん、連絡頂ければ、個人参加も大いに歓迎いたします。

担当:協議会副会長 内田正洋

eiyyyayay7460_2_2.jpg
————————————————————
◇『横浜開港150年シーカヤック祝賀パレード』概要
150艇前後のカヤックやカヌーで横浜港インナーハーバーを隊列を組んでパレードする。

◇主催
横浜水辺のまちづくり協議会
メンバー(理事、監事)
池田龍彦(横浜国大教授)
内田正洋(海洋ジャーナリスト)
来生新(放送大学教授)
小林光政(黄金町エリアマネージメント代表)
清水利光(横浜企業経営支援財団理事長、元横浜副市長)
竹口秀夫(横浜創造まちづくり学会会長)
辰野勇(日本レクリエーショナルカヌー協会会長)
布施勉(横浜市大学長)
松尾道彦(日本海事センター会長)
宮村忠(関東学院大学教授)
安武啓揮(元横浜市港湾局長)
山崎洋子(作家)
米山淳一(地域資産プロデューサー)

◇協力
協議会サポート団体、NPO横浜シーフレンズ、日本レクリエーショナルカヌー協会
他、カヤック関連団体・カヤックメーカー・カヤックショップ

◇実施日
6月2日(火)開港記念日
※小雨決行、荒天時中止

◇集合場所、時間
森ビル建設予定地
※タイムズみなとみらい第2の隣
集合時間は、象の鼻オープンセレモニーとの兼ね合いで調整中ですが、午前8時頃になると思われます。

ynyiye.jpg
なお、集合場所は建設途中の工事現場です。
土砂を転圧して車が入れるようにしてありますが、車高の低い車は注意が必要です。

また、現場担当ならびに参加者の人数把握のための連絡先は、サウスウインド石田博史氏が担当します。
参加ご希望の方は下記までご連絡をお願いします

サウスウインド
神奈川県横浜市中区海岸通4-23相模ビル1-1
電話/FAX 045-222-1322
石田博史
ishida@swss.jp
http://www.swss.jp

| Next »