Home > 2011年 8月
2011.08.30

カヌーワールド Vol.3 (2011年 夏号)

20110809a_2.jpg

現在、発売中のカヌーワールド夏号に下記のPoint65の広告を出稿させて頂いております

scoop_out2.jpg

今回もエントリーパドラーから経験者までを満足させる内容が濃い一冊となっています

是非、チェックしてみてください!

prayfortohoku240.jpg

2011.08.28

Point65 展示即売会のお知らせ @WILD-1印西ビックホップ店

bnr_wild1.gif

martini_ad_2.jpg

Point65の正規販売店であるWILD-1印西ビックホップ
来月の9月11日(日)にこちらの店舗にて
Point65°N Kayaksの展示即売会を開催します

弊社スタッフも当日は常駐する予定です

様々なメリットをご用意してお待ちしております

詳しい情報はこちらから!

w1.jpg

♦Point65 展示即売会@WILD-1印西ビックホップ店
開催日:9月11日(日)
時間:11時〜17時
場所:WILD-1印西ビックホップ店舗前観覧車下広場

prayfortohoku240.jpg

2011.08.27

LENDAL PADDLE (レンダル パドル)

lendal_logo.jpg

今シーズンからSCOOP OUTで取扱を開始しているLENDAL PADDLE(レンダルパドル)

♦LENDAL PADDLE 本国オフィシャルサイト
http://www.lendal.com/

英国スコットランドで培われた質実剛健の精神を持つこのブランドは、特許を持つPADDLOK(パドロック)のシステムにより、まったくガタつきのないシャフト連結システムを採用し、数多くの遠征で使用された実績を持っています。

今シーズンの取扱は4pieceのみですが、2012年からは2Pieceと1piece(予注のみ)の取扱も開始する予定です

シーズンも後半に入り、長さやモデルによってその在庫も少なくなってきているものもあります

近日中にはSCOOP OUT WEB STOREで専用ページが完成予定です

ご期待ください

—————————————————————————-

♦LENDAL  PADDLOK System

PADDLOK System(パドロックシステム)(特許取得)は、付属のアーレンキーを使用し各連結部分を締め付けることにより、従来の4ピースパドルにありがちであったガタつきをなくし、1ピースのパドルと変わらない剛性を生み出します。また、シャフト中央の連結部には、SWTCHLOK System(スイッチロックシステム)を取入れ、フェザー角を0°〜90°まで自由に設定ができます。

switch_lock_02_500.jpg
※ブレードとシャフトのPADDLOK Systemの固定

PADDLOKはスナップボタン中央に開いた穴に付属のPaddle Key(六角レンチ)で締め付ける事でインナーチューブ(スピゴット)の径が膨らみ、ガタつきを抑えます。またセンター部のSWITCHLOK(スイッチロック)はシャフトに刻まれた溝に沿って角度を合わせPaddle Key(六角レンチ)で締め付ける事でフェザー角を自由に設定する事ができます。

switch_lock_500.jpg

※シャフト中央部SWITCHLOKシステムの締め付け

paddle_grip_500.jpg

※右側シャフト部分のパドルグリップは標準装備

ブレード形状は2種類、素材はそれぞれファイバーグラスとカーボン。
シャフトは210、220、230cmの長さをご用意し、素材はファイバーグラスとカーボン、形状はストレートまたはクランク(カーボンのみ)から自由に選択頂けます。4pieceですので同じシャフトで数種類のブレード、同じブレードで数種類のシャフトを持つなど状況によって使い分けることも可能です。

archiperago_carbon_crank_500.jpg

※ Archipelago 4Piece Carbon Blade & Carbon Crank Shaft Model の組み合わせ
archiperago_frp_straight_500.jpg

※ Archipelago 4Piece Fiberglass Blade & Fiberglass Straight Shaft Model の組み合わせ
—————————————————————————-

●Kinetik Touring 650
キネティック ツーリング 650

kinetik_touring_s.jpg
スモールサイズのブレードは小柄な男性や女性に向いています。Kinetik独特の形状は少ない力で効率よく水をキャッチし推進力に変えます。水を効率的に捉えカヤックをよりダイレクトに操作することを可能にします。

Fiberglass Blade / Fiberglass Straight Shaft
ファイバーグラスブレード/ファイバーグラスストレートシャフト
¥47,250(本体価格¥45,000)

Carbon Blade / Carbon Straight Shaft
カーボンブレード/カーボン ストレート シャフト
¥58,800(本体価格¥56,000)

Carbon Blade / Modified Carbon Crank Shaft
カーボンブレード/モディファイド カーボン クランク シャフト
¥60,900(本体価格¥58,000)

■ブレードサイズ:50×18cm
■全長:210、220、230cm
■角度調整:SWTCHLOK System(0°-RH-90°Ajustable)

—————————————————————————-

●Kinetik Touring 700
キネティック ツーリング 700

kinetik_touring.jpg

Kinetikシリーズのオリジナルサイズです。最も人気のあるブレードで数々の遠征に使用されています。水の中でも非常にスムーズにブレードが動きパドラーの能力を最大限に引き出します。

Fiberglass Blade / Fiberglass Straight Shaft
ファイバーグラスブレード/ファイバーグラスストレートシャフト
¥47,250(本体価格¥45,000)

Carbon Blade / Carbon Straight Shaft
カーボンブレード/カーボン ストレート シャフト
¥58,800(本体価格¥56,000)

Carbon Blade / Modified Carbon Crank Shaft
カーボンブレード/モディファイド カーボン クランク シャフト
¥60,900(本体価格¥58,000)

■ブレードサイズ:50×19cm
■全長:210、220、230cm
■角度調整:SWTCHLOK System(0°-RH-90°Ajustable)

—————————————————————————-

●Kinetik Touring 750
キネティック ツーリング 750

kinetik_touring_l.jpg

Kinetikシリーズで最大の大きさのこのブレードは、大柄でパワーのあるパドラーに向いています。日常のツーリングからマラソン、サーフカヤックまでカバーし、最大の力と効率を漕ぎ手にもたらします。

Fiberglass Blade / Fiberglass Straight Shaft
ファイバーグラスブレード/ファイバーグラスストレートシャフト
47,250(本体価格¥45,000)  ■重量:1,018g

Carbon Blade / Carbon Straight Shaft
カーボンブレード/カーボン ストレート シャフト
¥58,800(本体価格¥56,000)  ■重量:868g

Carbon Blade / Modified Carbon Crank Shaft
カーボンブレード/モディファイド カーボン クランク シャフト
¥60,900(本体価格¥58,000)  ■重量:873g

■ブレードサイズ:50×20cm
■全長:210、220、230cm
■角度調整:Paddlocksystem 0°-RH-90° Ajustable

—————————————————————————-

●Archipelago
アーキペラゴ

lendal_archipelago.jpg

クラッシックな形状をしたこのブレードは、 少ない力、柔らかいタッチで効率的にパワーを伝えます。重い荷物を積載したカヤックによるツーリング、長距離のツーリング、そして 遠征などに向いています。

Fiberglass Blade / Fiberglass Straight Shaft
ファイバーグラスブレード/ファイバーグラスストレートシャフト
¥47,250(本体価格¥45,000)  ■重量:1,023g

Carbon Blade / Carbon Straight Shaft
カーボンブレード/カーボン ストレート シャフト
¥58,800(本体価格¥56,000)  ■重量:902g

Carbon Blade / Modified Carbon Crank Shaft
カーボンブレード/モディファイド カーボン クランク シャフト
¥60,900(本体価格¥58,000)  ■重量:907g

■ブレードサイズ:50×17cm
■全長:210、220、230cm
■角度調整:Paddlocksystem 0°-RH-90° Ajustable

※ファイバーグラスブレードのカラーはホワイトになります。また、各モデルに関してブレードのステッカーデザインは変更する可能性があります。

各モデルの在庫状況や商品に関するお問い合わせはこちらから!

prayfortohoku240.jpg

2011.08.16

About Sea Kayaking UK Vol.2

skuk_logo.jpg

ad_skuk_romany.jpg
Sea Kayaking UK Romany Model (Standard仕様)

試乗艇入荷して既に1ヶ月経ちました。
このところ時間が空くと各モデルに乗り込みその特性をチェックする日々です。
乗り込む程にこのブランドのコンセプトが良く判ってきました。

♦Sea Kayaking UK 本国オフィシャルサイト
http://www.seakayakinguk.com/

Sea Kayaking UK の特徴としてまず挙げることができるのは、「安定感」と「操作性」でしょう。船の全幅が狭い事に不安を感じますが、船全体のロッカー(反り具合)とハル(船底部)の形状による効果で実際の幅以上の安定性に皆一様に驚きます。ロッカーは旋回性と直進性を高次元で両立しながら風の影響を最小限に抑えるバランスを保っています。またソフトスクエアのハル形状はリーンしてフネを傾けた際の1次安定性、2次安定性ともに優れています。

pirgrim-1.jpg

pirgrim-2.jpg

※画像はPilgrim Model (Elite仕様、カスタムカラー )
デッキカラー:Graphite Gray (Silver Metal Flake)
ハルカラー:White
シームテープ/コックピットリムカラー:Wine Red
オプション:Full Keel Strip(Wine Red)

in9d1852.jpg

世界各地で遠征を達成してきたNigel Dennis(ナイジェル・デニス)によるデザインのコンセプトは、「劣悪な環境下でも安心したカヤックコントロールが可能な事」、このコンセプトがカヤック自体のデザインにしっかり注入されています。小柄な方、細身な方、大柄な方など体型に合わせたモデルをラインナップから選択することができ、またデイツーリングから遠征まで目的に合わせて船をチョイスする事が可能です。

そして、「頑丈な船体」と「丁寧な仕上がり」
隔絶された極限の遠征地では、カヤック本体のトラブルは時に生死を左右する事になります。Sea Kayaking UKの契約パドラー達はこのカヤックで世界各地で様々な遠征を行なってきており、Nigel Dennisを含めた講師陣が指導を行なっているBCU(ブリティッシュカヌーユニオン)の講習では過酷な波が打ち寄せる岩礁地帯で頻繁に行なわれています。そのような過酷な遠征、ラフウォーターでカヤック本体を岩礁に引きずり上げるような状況を前提に作り込まれているのです。

5426447625_94ebf5d413_b.jpg

5612764741_1f9c73c48c_o.jpg

下記はSea Kayaking UKのHPにある文章からの抜粋です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Standard Lay Up 仕様のカヤックは、Fiberglass(ガラス繊維)で作られており、チョップストランドという織布形状のガラス繊維とポリエステル樹脂で作られています。特にハル(船底部)をラミネートするのにはチョップストランドガンではなく、より高品質のマット繊維を使用します。デッキ部分はデッキコードのリセスなどのより細かな造形を必要とする為に、ハル部分よりもよりわずかに薄い積層にしてあります。我々のカヤックは、すべてのレベルのパドラーのために設計され、本当に長持ちするカヤックが欲しいパドラーに向けて作られており、逆にカヤック自体の重さに関してそれほど気にしていません。また、キール部分やハルとデッキのカップリング部分、シームテープなどはより頑丈に作られています。Fiberglass製のStandard仕様のExplorer Model(エクスプローラーモデル)の重量はハッチカバーなどを含めて約25〜26kgである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

25〜26kgのカヤックは、日本の流通しているカヤックの中では重い方かもしれません。
Nigelは我々に「必要以上に軽いカヤックは風の影響を受けやすい。カヤックを使用する環境下では重さ以上に大事なポイントはいくらでもある。」とコメントしていました。
ただし、Sea Kayaking UKではこの標準の仕様であるStandard仕様のモデルの他に、全体の積層を薄くし2〜3kg軽くなるElite(エリート)仕様、そしてハル部分はStandard Lay Upと同じ積層で、デッキ部分のみをKevlar Carbon(ケブラーカーボン)で仕上げた50/50仕様、そしてハルとデッキ部分両方にKevlar Carbon(ケブラーカーボン)を使用したKevlar Carbon(ケブラーカーボン)仕様をご用意しています。

in9d1838.jpg

※Elite仕様、 50/50仕様、Kevlar Carbon仕様は、バルクヘッドとシートがケブラーカーボン素材になります。

in9d1844.jpg

コックピット内部にはYakima製の頑丈なフットレスト、コックピット後ろ部分のバルクヘッド(隔壁)はTXレスキューの際に効果的に水を排出できるよう斜めに取り付けられています。

in9d1846.jpg

コックピットリムの形状はキーホール形(鍵穴形)、フィット感を高めながらカヤックからの脱艇のしやすい形状となっています。

in9d1857.jpg

またバウ(カヤック前部)とスターン(カヤック後部)のハッチは前後とも24cmで同じ大きさのハッチカバーが取り付けられています。これはハッチの外周が大きければより浸水の可能性が高くなるという考えと、遠征の際に予備のハッチカバーを1個持てば済むようにと考えられているからです。ただし、こちらも希望があればオプションでオーバル(楕円)形状のハッチをオーダーする事も可能です。

in9d1853.jpg

カヤックの前後に取り付けてあるトルグ部分はあえてループ形状にはしていません。
こちらも波が打ち付ける浜での上陸時に素早くカヤックを引き上げる必要がある際、ループの中に指を入れて怪我をしてしまうリスクを下げる為の仕様です。もちろんトルグ自体には細引きを通す穴が余分に開けられていますので、ループ形状にする事も可能です。

in9d1840.jpg

Sea Kayaking UKのカヤックにはスケッグが標準装備されています。
スケッグは 強風下や波立つ海況下で保針性を保つのに有効な装備です。コックピット左側のシーム部分のスライドレバーを操作する事によりお好みの出し具合を調整する事が可能です。ステンレスワイヤーを通すチューブがスライドレバーからスターンハッチ内のスケッグボックスまで通していますが、各バルクヘッド(隔壁)を貫通する部分、そしてチューブをスケッグボックスに繋ぐ連結部分には、完璧な防水性を保つパーツが施されています。

in9d1850.jpg

in9d1843.jpg

in9d1856.jpg

カラーは基本の7色の他に、オプションの180色の中からデッキ、シームライン、ハル、コーミングに至るまで指定可能です。
特注カラーに関しては、本国 Sea Kayaking UK の Web Siteより、Clolor Chooserを利用し、デッキ、ハル、シームラインのカラーを選択して、そのイメージを掴むことができます。また各カラーにMetal Flake(メタルフレイク)と呼ばれる粒子を混ぜるオプションもご用意しています。

in9d1841.jpg

img_1325.jpg

5613134474_687f8233b8_o.jpg

Sea Kayaking UK のカヤックは、実際の海の現場での使用を考えたプロフェッショナルパドラーから、カヤックに美しさと優雅さを求めるユーザーまでを魅了する「至高のカヤック」といえるでしょう。

Sea Kayaking UKの試乗会は9月23日(祝日)に千葉県南房総市にて開催予定です。

このSea Kayaking UKの次回オーダー締め切りは2011年10月31日(月)となります。
そして、そのデリバリーは2012年3月を予定しています。

各モデルの詳細&価格はこちらからチェックしてください

こちらのSea Kayaking UKのカヤックに関するご質問、試乗会申込、御注文はこちらから!

※このOffical BlogでのSea Kayaking UKの記事は、表紙左側にあるカテゴリーの「Sea Kayaking UK」の項目から抽出してご覧ください
prayfortohoku240.jpg

2011.08.12

BE-PAL 2011年 9月号

17631.jpg

現在発売中のBE-PAL 9月号に
下記のPoint65 Tequila! & Martiniの広告を入稿させて頂いております

scoop_out2.jpg

夏休みも後半戦
海へ山へ遊びに行く為のノウハウが詰まった内容になっております

是非チェックしてみてください

prayfortohoku240.jpg

2011.08.10

kayak 〜海を旅する本 Vol.33 & Playboating@JP Vol.33

kyk33_cov3c.jpg c0121102_022519.jpg

現在発売中のKayak Vol.33、そしてPlayboat@JP Vol.33
Sea Kayaking UKのRomany Classic Model、そして来期から正式に取扱が開始されるLEVEL SIXの広告を掲載して頂いております

数少ない国内のカヤックの専門誌
是非、購入してその濃い内容をお楽しみください!

ad_skuk_romany.jpg
ad_level6.jpg

prayfortohoku240.jpg

2011.08.08

2011 Outdoor Retailer Show at Salt Lake City

imgp0389.jpg  imgp0392.jpg  imgp0412.jpg
先週は久しぶりの海外出張へ行っておりました

向かった先は、アメリカのソルトレイクシティ
ユタ州の州都であるこの街で毎年世界中のアウトドアメーカーが出展し、世界中のバイヤーが訪れる世界最大級のアウトドアマーケットの展示会、それがこのアウトドアリテイラーショーです

今回の目的は、来年から正式に取引が開始するカナダのパドリングウェアブランドであるLEVEL SIX(レベルシックス)のメンバーとの顔合わせ。そして既存の取引ブランドである、Point65(ポイントシックスティーファイブ)、NRS(エヌアールエス)、Kokatat(コーカタット)などのメンバーと来年度の新商品や取引についてのミーティングです

imgp0394.jpg

初日は、ソルトレイク郊外の湖で行なわれるウォータースポーツ関係のデモ(試乗会)に参加しました
こちらではPoint65やLEVEL SIXなどが出張ブースを出しており、ニューモデルなどを試すことができます

imgp0396.jpg

Point65のブースでは、人気のTequila!(テキーラ)がMid Section(ミッドセクション)を5つ追加して6人乗り仕様となっていました

imgp0395.jpg imgp0404.jpg

また今期のレイトモデルであるサーフスキーBourbon Orca(バーボンオルカ)にも試乗しました
Point65初の本格的サーフスキーであるこのモデルは、既存のサーフスキーに比べ非常に高い安定感を持っています
そしてX-Bow(エックスバウ)と呼ばれる独特の形状をした船首部分がノーズダイブを防ぎスピードを落とさず驚異的なスピードでのパドリングを可能にしてくれます

2日目はメイン会場となっている市内中心部のコンベンションセンター内の各社ブースで一気に5社とのミーティング。一時間刻みで展示会場を走り回ります

imgp0418.jpg

LEVEL SIXでは来年度の全ての商品をチェック
詳しい価格設定はこれからですが、非常にお求めやすい価格でご提供が出来そうです
人気のドライトップジャケットであるMack(マック)は、2012年度モデルから2.5レイヤーと3レイヤーの生地がコンビネーションとなり、擦れやすい肘や肩回りは3レイヤー、胸回りや袖口を2.5レイヤーを使用し、非常にしなやかで軽い仕上がりとなっています
またLEVEL SIXのセンスの良さが光る水着やサーフパンツ、Tシャツなども取り扱う予定ですので期待していてください

imgp0439.jpg

Kokatatに関しては
2012年からファーストレイヤーやミッドレイヤーが劇的に進化します
既存のInner Core(インナーコア)モデルが無くなり、Power Dry BaseCore(パワードライベースコア)とPower Dry WoolCore(パワードライウールコア)の2種類が新たに登場します

Power Dry BaseCore(パワードライベースコア)はリサイクルポリエステルとポリエチレンニットの組み合わせで効率的に湿度を外へ放射します
そしてPower Dry WoolCore(パワードライウールコア)はウールとポリエステルが混紡した生地で防臭抗菌効果が高められています
どちらも程よいルーズフィットの裁断で身体を締め付けません
Gore-Tex(ゴアテックス)素材でパドリングウェアに革新を与えたブランドであるKokatatは2012年はアンダーウェアでマーケットを席巻しそうです

imgp0421.jpg

そしてPoint65
来年度は既存のファイバーグラス製カヤックの人気モデルであるXOシリーズにポリエチレンモデルが登場します

「XO11 PE」 と 「XO13 PE」の2モデル
XO11 PEは350cmの短い全長ながら、前後に隔壁とハッチが付くスモールサイズながら本格的なツーリングを可能とするモデル
スケッグが標準装備となる予定です

XO13 PEは全長450cm、こちらも前後に隔壁とハッチが付きます
ラダーとスケッグが標準装備となり、エントリーユーザーが最初にお求めになるには最適なモデルとなるでしょう
またスクールやツアー観光のレンタル艇としても最高のポテンシャルを発揮してくれそうです

imgp0393.jpg

一日通した内容の濃い打ち合わせの後は
ユタのパークシティ(ソルトレイクシティの隣町)の地ビールであるWasatch Beerで乾杯・・・

各ブランドの2012年の詳しい新製品情報はこちらのBlogで随時紹介していきます
ご期待下さい!

prayfortohoku240.jpg

| Next »