Home > 2011年 9月 28日 水曜日
2011.09.28

東北被災地支援 “Support to Tohoku Vol.1″

prayfortohoku.jpg

3月の震災で大きな被害を受けた三陸の岩手県宮古市
こちらでは毎年10月に東北地方最大のシーカヤックマラソンが開催されてきました

header.jpg

開催場所であるリアスハーバー宮古は、巨大な津波により大きな被害を受け
今年度のシーカヤックマラソンの開催は難しいと考えられていましたが
主催者と後援者の大きな尽力により、形態はかわるものの今年もイベントの開催が決定しました
募集も始まっており、現在の段階で100人を越える参加者が見込まれているそうです

三陸シーカヤックマラソン beyond 311

美しい三陸の海岸線が今回の震災により大きなダメージを受けた事に対し
無力さを感じながらも我々として力になれる事はないかを長く模索しておりました

i.jpg

※発送を待つ梱包済みのFive-O-Five 5艇

時間はかかってしまいましたが、この度 弊社の取扱商品であるPoint65°N Kayaksの社長であるRichard Ohman氏と協力し、被災地のアウトフィッターであるSea-son(シーズン)と三陸シーカヤックマラソン実行委員会へ向けPoint65のFive-O-Five Model 5艇とパドル、スプレースカートなどを支援として送らせて頂く事になりました

このカヤックが三陸の美しい海でパドラーの笑顔と共に浮かぶ事を願いたいと思います

弊社ではこれから先も他の被災地のアウトフィッターへ向け、現地の受け入れ態勢が整い次第、カヤック業務開始に伴う物資の支援をしていきます

———————————————————————–
Miyako-city, Iwate Prefecture had devastated by the huge earthquake in March.
At here, the biggest Sea Kayak Marathon in Tohoku has been held every October.

Since The Rias Miyako Harbor, where was the site of Sea Kayak Marathon was suffered by Tunami,
everybody considered it is difficult to hold Sea Kayak marathon this year.
However, by the great efforts of the sponsors and organizers of the event,
they decided to hold Sea Kayak Marathon with changing the way.
They started recruiting, and already over 100 paddlers applied at this point.

For damaged beautiful coastline of Sanriku,
we felt the helplessness but we had been seeking long time what we can do.

Collaboration with Mr. Richard Ohman, president of the Point65 Kayaks,
we decided to send 5 of Point65 kayaks as support to
Sea-son, the outfitter in the disaster area, and the Executive Committee for
the Sanriku Sea Kayak Marathon.

In beautiful sea of Sanriku, we hope our kayaks float along with the smile of paddlers.

We would like to continue these support for outfitters in Tohoku area
to help their kayak operation can re-start.

| Next »