« 2012年 新商品情報 “Point65 Easy Tourer 4Piece Paddle” | Home | 2012年度 SCOOP OUT 総合カタログ完成! »

2012.02.27

Point65 Nigel Foster Paddle

logo_1.jpg

imgp0027.jpg

昨日はパドルのテストで海に出ていました。
使用したのはまもなく正式商品が入荷予定のPoint65 Nigel Foster Paddle(ナイジェルフォスターパドル)。

Nigel FosterはPoint65 Whisky16(ポイント65 ウィスキー16)などをデザインしたカヤックデザイナーであり、世界的に有名なエキスペディションパドラーです。

実はNigel Fosterのパドルは以前はカナダのNimbusの工場で作成されていたのですが、ブレードのデザインをリニューアルするタイミングで工場を変えて新たにPoint65での取扱いが開始となりました。

素材はファイバーグラスとカーボンの2種類、長さは210cmと215cmのサイズ展開、シャフト形状はストレートとなります。今回テストで使用したのはカーボン仕様の210cmです。

個人的にはいままで215cmや220cmのパドルをメインに使用してきたので 今回の210cmは少し短めですが、現在の英国や北米では205cm、210cmといった長さのパドルが主流となってきているのようなので、今回はそれに習ってチョイスしてみました。

imgp0074.jpg

ブレード外形は珍しい上下対称のティアドロップ形状、そして背面から見ると判る通りに特徴的なフォームコア構造となっています。またシャフトは固過ぎもせず程よいしなりを持たせ肩や手首の負担を軽減してくれます。

imgp0034.jpg imgp0031.jpg

これは以前会った時にNigel自身が説明してくれましたが、ハイアングル/ローアングル双方でパドリングしてもブレードのバランス重心が中心にある為、どの角度でもブレードを水に入れて綺麗にパドルが水をキャッチするようにデザインされているとのこと。実際にパドルを立て力入れてダッシュしても、浅い角度でゆっくりとスウィープストロークをしても実に気持ち良く水をキャッチします。またドローやスカーリングでブレードを水の中に入れたまま動かしても引っかかりもなく実に滑らかに動きます。またフォームコア構造によりパドルを水から抜く際もブレード自体が持つ浮力により次のストロークへの動作を非常にスムーズに行う事ができます。

imgp0059.jpg

Nigel自身がそのプロトタイプを使用してパドリングしている様子をWhisky16の解説ビデオでご覧ください。

nf.jpg

Nigel Foster Paddleはこの春 間もなく入荷予定です。
現在ご予約受付中です。

●Nigel Foster Paddle

paddle_foster_air.gif

Nigel Foster Air
素材:カーボン
重さ:740g(210cm)
長さ:210cm、215cm
価格:¥71,400-(本体価格:¥68,000-)

foster_glass_yellow.jpg

Nigel Foster
素材:ファイバーグラス
重さ:800g(210cm)
長さ:210cm、215cm
価格:¥45,150-(本体価格:¥43,000-)
prayfortohoku240.jpg